こんなに違う?現実とイメージの探偵の違い

>

探偵とは?どうやったらなれるの?

昔の探偵は危険?こんな事もしていたの?

どんな仕事でも犯罪行為を起こすのは厳禁ですし、社会が黙ってはいません。これは当然の事ですが、昔の探偵は結果を出す為に多少の犯罪行為は当たり前だった節があります。
今となってはストーカー規制法がありますので、被害者側が加害者に接見禁止の言い渡しが出来ます。しかし昔はこの様な法律が無く、加害者からの「思い」で片づけられていました。
そこで探偵が間に入り、ターゲット(加害者)に脅しをかけて依頼主(被害者)に近付か無い様に言い渡していた事もありました。また企業のスパイとして潜入したり、夜間帯の企業に進入したりとまるでテレビドラマの様な事をしていた様です。違反、犯罪行為とは分かっていますが、何となくドキドキしてしまいます。

今の探偵の主な仕事内容とは?

法律だけでは無く周りの目も厳しくなっている現代では、探偵の仕事方法も変わってきました。これは平成19年に施工された探偵業法や個人情報保護法が原因であり、探偵はこの法律によって柔軟な対応が出来なくなってしまいました。
過剰な尾行やつけ回しはこちら側がストーカー規制法に引っかかってしまったり、今はどこにでも監視カメラがあるのでそれでバレてしまったりするケースもあります。同様の理由で変装をしても意味が無いので、現代の探偵は私達のイメージとはかけ離れた存在です。
とは言っても浮気調査や人探し、素行調査を行うのですがネットを使ったり合法の範囲で聞き込みを行ったりします。しかし探偵同士のルートがあるので、昔とは違うアプローチで仕事が出来ます。